• ホーム
  • シアリスでEDを回復するなら血圧を下げる薬との併用に注意

シアリスでEDを回復するなら血圧を下げる薬との併用に注意

2019年12月12日

シアリスには、ED(勃起障害)を回復させたいときに使われる薬です。
第三世代の治療薬と言われており、それまでの薬に比べて効果持続時間が1日半と長いこと、脂っこい食事と摂っても効果に影響が出にくいこと、副作用が軽いこと、などの点で評価されています。

シアリスがEDを回復させる作用は、PDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という勃起をおさめてしまう酵素の働きを阻害することで起こります。
PDE5は放っておくと血管拡張物質であるcGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)という物質を壊してしまいます。
そうすると勃起がおさまるようにできているのですが、これはEDを患っている人にとっては邪魔な存在です。
血流が足りないのに、PDE5がcGMPを壊してしまえば血管拡張がおさまって血液供給が少なくなってしまうからです。

シアリスはそのPDE5の働きを邪魔することで、血管拡張が長引くようにサポートしてEDを回復させてくれます。

ここまでみると、シアリスには血流をよくさせる作用があることがわかります。

ここで問題になってくるのは、血圧下げる薬との飲み合わせです。
血圧下げる薬とシアリスを一緒に使ってしまうと、cGMP濃度が増加しすぎて、全身の血圧が下がりすぎてしまう危険性があります。
血圧下げる薬を飲んでいる人は、必ず医師に伝えておくようにしましょう。
間違って併用してしまうと、急激に血圧が下がってショック状態になり、心肺停止状態に陥る危険性もあります。

このように、シアリスと飲み合わせの悪い薬はたくさんあります。
効果がある薬は、それだけリスクも高いということです。

特にネット通販で個人的に購入する場合には副作用についても自己責任になりますから、気をつけましょう。